Loading

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
<< 侍戦隊シンケンジャー 第三十一幕「恐竜折神」 | main | 仮面ライダーW 第4話「Mに手を出すな/ジョーカーで勝負」 >>

新参者

これ、第八章「民芸品屋の客」を連載中に読んでいたら悶えていただろうなあ。
他の章では事件の解決はされていなくても、謎解きはされていました。
だけど、この章は今迄とちょっと違って、謎解きが一つ残されてしまいました。
単行本だと、次が最終章だとわかっているので納得なんですけどね。

こういう話、良いですね。
小さなエピソードを重ねて、一つの物語を作りだすのって。

東野圭吾にシリーズのイメージがないので「加賀恭一郎ってそんな登場人物いたなあ」といったところ。
なんか飄々として良いです。
それでいて見る所はしっかり見ているのが、凄いですね。
鋭さと優しさを兼ねた人間になりたいもんです。
それと、昼行灯みたいな立ち位置をさらりと演じられるのが羨しい。


JUGEMテーマ:


講談社
コメント:加賀恭一郎のさらりとした印象が良いです。

| | 21:57 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

スポンサーサイト

| - | 21:57 | - | - | pookmark |
Comment









Trackback
url: http://ginfizz.jugem.jp/trackback/1608

05
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
Twitter
Google Reader
New entries
Categories
Recent comment
Recent trackback
Profile
Sponsored links
Others
無料ブログ作成サービス JUGEM